お悩み対応のページ

「ふとんの西村」ではいろいろなふとんのお悩みに対応してきました。

悪い体調が「 ふとんを変えれば必ず良くなる」・・・というものでもありません。

 

ただ病気でもないのに朝起きた時から腰が痛いとか、肩がこっているとか、首が痛いとかという症状をお持ちの皆様にまくらやおふとんをご提案させていただいて「楽になった」「軽くなった」「よく眠れるようになった」というお声をたくさんいただいています。

 

事例として「こんなことがあった」というお話をこのページに掲載させていただきます。

もし、自分と同じ悩みがあればもしかしたらおふとんやまくらで症状が改善するかもしれませんので西村までご相談にいらしてください。

枕のお悩み

整形外科の先生から言われて

首を痛めて、長年枕を使わずに寝ておられた方(女性)のお話です。

 

首が痛いので整形外科に通われていたのですが診療の中で、先生から「身体の軸がまっすぐになって寝られるようなまくらを作ってきてください」とアドバイスされご来店になりました。

 

当店でオーダーメイドまくらを作らせていただきました。

 

オーダーメイドまくらに変えたら症状が良くなられ、後日「自分みたいにならないように息子用にも作ってください」とご要望を頂き、息子様用にもオーダーメイドまくらを作らせていただきました。


まくらをしないお客様

なぜ枕をしなくなるのか・・・ですが、お話をお聞きすると

 

枕が身体に合わない → 首が気持ち悪い → まくらなしでも寝られる

という流れがあるようです。

 

本当はまくらなしで寝るのは相当、「しんどい」はずなのですが

今までの合わない枕と変わらないので、そのしんどさは耐えられてしまう。

 

そしてずっとまくらなしの生活が始まる。

 

基本的にはまくらをしないと「首や肩」が痛くなってしまうことが多く、長く寝ても疲れが取れません。まくらをしなければ首は一晩中頭を支えなければならないので相当、疲れるはずです。

ただ、それのことに気がついていないだけです


おふとんやまくらの劣化に気がついていない

毎日寝ているので、おふとんやまくらが弾力を失い、へたってきているのに気がついていないこともあります。

 

「羽根まくらをしていたけど、最近あわなくなった」というお客様もお見えになります。

 

おふとんやまくらが体重や頭の重さを支えるだけの弾力性がなければカラダの出っ張った部分にチカラがかかり過ぎてその部分がしんどくなったり、首に余計なチカラがかかったりします。

 

「せんべい布団」になっていませんか?

10年間、ずっと使い続ければおふとんだって傷みます。毎日少しずつ劣化していくので気がつきに行くですが固くなってしまったおふとんではゆっくりと身体を休めることはできなくなっています。


オーダーメイド枕のお値段

「まくらに2万2千円だなんて!高すぎます!」

そうおっしゃるお客様も少なくありません。確かに3000円ほど出せば市販品(既製品)のまくらはありますよね。

 

身体に合えば3000円のまくらでもいいと思いますが、問題は「合わない」方です。

 

例えば「首の矯正」に一回行くと相場では5千円から1万円ぐらいだそうです。首や肩の痛みが原因で痛み止めを飲まれていませんか?仮にお薬が1箱千円ぐらいとしてこれから何箱ぐらい飲まれますか?

 

仮に首の矯正を月1回(5000円)、痛み止めを月に1箱(1000円)使ったとしたら毎月6000円の出費になります。1年続くと72,000円。まくらの値段と比較すれば年間で50,000円ほどの差が出ます。

 

オーダーメイドまくらを10年間使うとして22,000円÷10年で1年2,200円。月額に直すとひと月183円ほどに過ぎません。

 

それにオーダーメイドまくらにすれば痛みも軽減されて、たぶん目覚めも良くなります。そうなると気分よく1日を過ごせる日も増えてくるはずです。首や肩の痛みに耐えながら日々を過ごすか気分よく過ごすのかという選択だとも思うのです。

 

まくらが身体に合わない、まくらが原因で身体が不調だと思う。という方にとって健康を考えてオーダーメイドまくらを作られるのは決してぜいたくではありませんし「高い買い物」でもないと思いますよ。