羽毛ふとんのイメージ画像 背伸びする女性 軽くて、温かくて、きもちいいんです
羽毛ふとんのイメージ画像 背伸びする女性 軽くて、温かくて、きもちいいんです

羽毛ふとん

当店が扱っているのは、品質にこだわった西川チェーンの羽毛ふとん。日本睡眠科学研究所認定「羽毛ふとん診断士」の資格を持つスタッフが羽毛ふとんの素晴らしさをお客様にも分かりやすくお客様に説明させていただきますので、納得してご購入いただけます。

 

あたたかい羽毛に包まれ、快適さ抜群の羽毛ふとん。本物だけが味わえる最高の眠りを体感してみてください。

西川
西川の羽毛ふとんが、2021年お客様満足度7部門で第1位 総合満足度No.1  あたたかさ満足度、使用満足度、買ってよかった、ふっくら感がある、品質満足度、寝ている間もあたたかい、ふとんの心地さで第1位を獲得 店頭でお試しください
新しい羽毛は違うね。(羽毛ふとんのお客様の声のコラージュです)マシュマロみたいにフッカフカだね。10年使っていたふとんから、買い換えたら全然違う。端から端まで羽毛がパンパンですね。首元まであったかいと、心までほっとする。入った瞬間のふわとろ感が気持ちいい。(一部抜粋)
新しい

これからますます寒い冬。軽くてあたたかな羽毛はお勧めです

 

お値段の違いは、

●使っている側生地、 

●羽毛の種類(ダウンボールの大きさ・産地など)、 

●キルト(羽毛が片寄らないようにしている縫い方)などです。

 

ふんわり感やあたたかさは写真や言葉ではわかりにくいと思います。

 

「肌ざわり」や、「かさ高」(ふわっとした感じ)は実際に店頭でお確かめいただければと思います。


当店おススメ羽毛ふとん

西川の羽毛ふとん

 

ユニステークキルトで羽毛が移動しにくい羽毛ふとんです

【羽毛掛けふとんSL】

●サイズ:150 × 210 (cm)

●ふとんがわ:ポリエステル85% 綿15%(抗菌加工)

●詰めもの:ダウン90% フェザー10%(フランスホワイトダック)1.2㎏

 

 

33,000円(税込)



西川の羽毛ふとん

 

テトラシールドキルトで羽毛が移動しにくい羽毛ふとんです

 【羽毛掛けふとんSL】

●サイズ:150 × 210 (cm)

●ふとんがわ:綿70% ポリエステル30% (抗菌加工)

●詰めもの:ダウン90% フェザー10%(ジーリンホワイトグース)1.2㎏

●フレッシュアップ加工、コインランドリー対応商品

66,000円(税込)



西川の羽毛ふとん

 

ソリッドステークキルトで羽毛が移動しない羽毛ふとんです

 【羽毛掛けふとんSL】

●サイズ:150 × 210 (cm)

●ふとんがわ:再生繊維(リヨセル)70% ポリエステル30%(抗菌・光触媒加工)

●詰めもの:ダウン90% フェザー10%(ポーリッシュホワイトグース)1.2㎏

118,800円(税込)



羽毛ふとんのふっくら感

動画はふっくら感を見てただくためにベッドの上で振ってみました。

 

質感が伝わりましたでしょうか?

 

西村では動画で紹介している以外にもたくさんの羽毛掛けふとんのバリエーションを取り揃えております

お客様にあった羽毛掛けふとんをご提案できると思います。

 

実際にお手に取って西川羽毛ふとんの品質をお確かめ下さい



羽毛掛けふとんの選び方

羽毛掛けふとんの要素は「羽毛」の種類、「キルト」の方法、「側生地」の種類です。

軽くてあたたかさを生み出すにはこの3つのバランスが大切です。

ダックは「あひる」、グースは「がちょう」で羽根の下には綿毛(ダウンボール)があります。

このダウンボールが大きいほどあたたかさが長持ちします。ダウンボールが大きいマザーグースの羽毛布団は価値があるとされています。また寒冷地で育つほど良質なダウンができるのでアイスランド・ポーランド・ハンガリー・フランスなどの羽毛が高級品とされています。

 

おふとんの縫製(キルト)はとても重要です。

羽毛が片寄らないように縫製する技術がキルトです。長期間使用しても、中の羽毛がマスからマスへの移動が少ないキルトが良いキルトなのでキルトの仕様をチェックしましょう 

 

羽毛をつぶさないようにできるだけ軽い生地がお勧め。

カラダにフィットしやすい、柔らかくて、しかも丈夫なものがおススメです。好みもありますので、売場で側生地の軽さや手触りの良さを確かめましょう

 

羽毛ふとんの温かさの秘密とは

羽毛のイメージ画像 両手でダウンを持っている写真

ほんのわずかの羽毛が、たくさんの空気を包み込み、あたたかい空気の層を作ってくれるので、保温性に優れています。

 

また、人間は寝ている間にコップ一杯の汗をかくといわれていますが、羽毛ふとんは、不要な水分を調節し、いつでもふとんの中を、快適な睡眠をもたらしてくれる温度と湿度に保ってくれます。

 

羽毛ふとんの快適さの決め手は原毛の品質です。 西川チェーンの羽毛ふとんは、羽毛の最高峰といわれるポーランド産を使用。羽枝が密生した大きなダウンボールは、あたたかさと軽さ、ボリュームが違います。 さらに、羽毛の中でも高品質のものを選ぶため、通常は機械のみで行う選別を、熟練した人の手でも行っています。

完全立体キルトで片寄らない

[ 独自技術 ] 羽毛が片寄らない、立体キルト加工がすごい!

羽毛が片寄らない立体キルト加工を施したふとんがわをお選びいただくことができます。

ユニステークキルト

ユニステークキルト説明図

羽毛が片寄りにくい立体キルト

羽毛の充填位置を交互に配置し羽毛がかたよりにくい構造です。

テトラシールドキルト

体に当たる縫い目が少ないキルト

体に当たる縫い目が少ないため熱を逃がしにくいキルトです。

 

※コインランドリーで洗えるポイント

●洗っても羽毛が吹き出しにくいポリエステルとコットンの交織生地

●羽毛が片寄るのを防ぐ密閉タイプキルティング

●キルティングのマチ部分は特殊縫製で耐久性がアップ

●ふとん内部を乾きやすくする大き目のキルトサイズ

ソリッドステーク🄬キルト

ソリッドステークキルト説明図

羽毛が片寄らない完全立体キルト

一つ一つのマス目が独立しており羽毛の圧力で閉じているため、片寄らない西川独自のキルトです。


長く羽毛ふとんを使っていると、羽毛の片寄りが気になることがあります。

 

片寄りは寝心地が悪いだけでなく、羽毛本来のあたたかさを奪います。 そこで開発されたのが西川チェーンの独自の完全立体キルト。 中身が移動しない二重構造になっていて、えり元や足元のへたりも減り、ずっとふんわり。あたたかさも長持ちします。

羽毛ふとんはリフォームできます

長く使えば、どれだけ良い商品でも傷んできます。

汗などをたっぷり吸いこんだり、ダニやホコリがついたり、縫い目がほつれてきたり、中の羽毛もやはり折れたりつぶれたりします。

 

でも安心してください。羽毛ふとんはリフォームできます

 

全く新しい側生地に、使える羽毛は徹底洗浄し、足りない部分は羽毛を足して、まるで新品に生まれ変わります。